美容皮膚科の看護師

美容皮膚科も皮膚科も境界線がなく、皮膚科が経営している所が多いので基本的には医師、看護士、准看護師、薬剤師、医療事務、受付と他の病院と変わりない人達が勤務しています。美容皮膚科専門に行っている場合は看護師が受付や雑務もこなさなくてはならなく、看護を行うというよりは脱毛なども行うのでエステティシャンの役割の方が多く感じます。クレーム等の処理も行わなくてはならなくなります。患者さんというよりはお客様という感覚で接していくのでエステティシャンの感覚になります。

美容皮膚科の求人募集を見かけますが、一番に目に飛び込むのは給料の高さだと思います。美容皮膚科は夜勤もなく普通の看護師よりも給料が取れる事からとても人気があります。必須条件ではありませんが肌が弱い人よりは強い人の方が採用される確率は高くなります。それは研修等の実践で看護士の肌を使って研修を行う為レーザーなどを使う場合はだが弱いと練習台になれないからです。

夜勤はありませんが土日を営業している美容皮膚科もあるので休みはしっかりとありますがシフト制の所も多くあります。看護士とはちがう接客技術も必要になり、病院によってはノルマ等が設定されている場合があるので転職を考えているのであれば事前調査は念入りに行う方がベストです。